1. 輸入ドイツ車情報
  2. ドイツ車の様々な情報を掲載しているページです。

輸入車の中でも人気のドイツ車

ドイツ車は、国産メーカーがひしめいている、自動車大国と呼ばれて久しいこの日本市場においても、人気が最も高い輸入車の部類に入ります。

輸入車といえば、”高い””すぐ壊れる”などといったネガティブなイメージが付きまといやすいのですが、ドイツ車に至っては、ベンツやBMWなどにおける”ステータス性”や、フォルクスワーゲンなどに代表される”質実剛健”なイメージ、ポルシェなどに代表される”スポーツ性能”など、様々なイメージが付いているかと思います。ただし、輸入車だと左ハンドルになるので免許を取得したとしても、戸惑う部分はあるでしょう。駐車場経営なら業者に任せるので戸惑うことは無いですが。

ドイツ車は”こだわり”のイメージ

ドイツ車は、日本などの自動車メーカーとの大きな違いは、メーカーそれぞれにこだわりと、方向性をハッキリ持っていることではないでしょうか。

例えばデザイン一つ取ってみても、BMWに見て取れる特徴的な「豚っ鼻(キドニーグリル)」は、一目で「BMW」だと分かるものです。(かつてトヨタが「金太郎飴のようだ」といわれた、カローラからクラウンまで同じような顔だったのは、このBMWの影響でも受けたのでしょうか?)
また、走りの面においても、各メーカーでこだわっている方向性がそれぞれ定まっており、乗り心地すら、各メーカーで全く違う、高次元の走りを楽しませてくれます。

そのこだわり方は、「ドアの開け閉めの音」にも見ることができます。(ドイツ車のドアの開け閉めの音は、日本車などとは明らかに違いがあります。)

革新的な自動車を次々生んできたドイツ

昔から、ドイツでは革新的な自動車関連技術を、数々生み出してきました。
現在のメルセデス・ベンツに繋がるベンツ社などがディーゼルエンジンを実用化させたり、ヒトラーの命を受けたフェルディナント・ポルシェが、後に”フォルクスワーゲン タイプ1”(”ビートル”ともいわれる、フォルクスワーゲン社のロングランモデル)の基となる国民車を開発するなど、技術力が高く、これまでも、世界中の自動車のベンチマーク(目標・模範)となる車を次々に世に生み出してきました。

グローバル展開を進めるドイツ車メーカー

2000年前後には、世界的に起こった自動車メーカーの大再編によって、ドイツ車メーカーの世界的なメーカー同士の買収劇が繰り広げられ、ベンツはクライスラー・三菱ふそうなど・BMWはMINI・ロールスロイスなど・フォルクスワーゲンはランボルギーニやベントレーなどを手中に収めました。

また、世界中に生産拠点を持っているため、同じドイツブランドの車でも、生産国が全く違うことも珍しくは無くなってきました。(日本におけるベンツやBMWの一部車種が南アフリカ生産車種となっていることなど)

当サイトは、ドイツ車メーカーの紹介をしていきます。

色々書いてきましたが、当サイトは、ドイツ車のブランドやメーカーなどを紹介するサイトです。

当サイトでは、基本的にドイツを拠点にしているメーカーを取り上げますが、一部ドイツ車メーカー資本の他国を拠点とするブランド・メーカーをも扱います。また、車に乗る上で大切なこととして、事故に遭った際の保険や廃車についても紹介できればと思います。保険も廃車もいざそのときになるとバタバタしてしまいますから、早目が安心です。

recommend

二子玉川の人気美容室
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000233657/
渋谷 時計 電池交換
http://housekihiroba-repair.jp/goraiten/

最終更新日:2016/11/14

>>ページ上部へ移動します。